So-net無料ブログ作成

脱力 [病気とココロ]

力が抜ける、と言うことは、悪いことではなく、
むしろいいことだと思います。
今日は、うまく脱力で来た患者さんに出会いました。
とっても素敵な笑顔で、
こちらもうれしくなりました。
すっと、その笑顔が続きますように。
心からお祈りしています。

人との出会い、縁というのは、不思議なもので、
良い出会いもあれば、お互いにとってマイナスになってしまう出会いもある。
今の職場に来て、いろんな出会いを経験しました。
うれしい出会い、腹立たしい出会い。
信頼関係が築けた出会い。
誠意のない出会い。
良くも悪くも、色々な経験をしました。
でも、結局のところ、今の職場で自分のはたした役割って、
何だったんだろう。
一生懸命仕事をしているつもりだったけど、全然足りなかったのかな。
こんなでは、評価されないのかな。
誠心誠意やってきたつもりだったけど、
足りないのかな。
色々考えているうちに、またカラダに力が入るようになってしまいました。

最近の私は、本当に脱力していません。
だらんと脱力できていなくて、
いつも背中ががちがちです。
脱力の仕方を、忘れてしまいました。

うまく脱力すると、ココロもカラダも安心します。
安心しているとき、脱力しやすいです。
脱力することで、気持ちがリラックスします。
入っている無駄な力を抜けば、カラダの省エネにもなります。
いい脱力は、元気を持続させることができます。

脱力できるようになるよう、調整したいと思います。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

higu

おはようございます。久しぶりの休日。何しようかな。
最近のpenpenさんは何だか疲れてしまってますね。
俺さんは波がまた来て昨日、一昨日は死ぬほど最悪でした。
でもpenpenさんの色々なコメを思い出して何とか自分をコントロールしていましたよ。好きな曲、楽しいことを考えて元気になって下さい。実は今日飲み会に誘われているのですが、最悪に落ちているので自分の状態を正直に打ち明けて仕事は休みですが約束はできないとメールしました。一つ上の女性を含めた仲間の飲み会なのですが、その年上の女性から貰ったメールです。許可は貰っていませんが以下全文です。うかつにも泣いて
しまいました。友達は大事です。penpenさんにも元気になって欲しいので是非読んでみてください。
「私の母親も同じ病気でした。母は凄く症状がひどかったから
私が小学校6年間の半分は入退院を繰り返して来たの。
私が大人になるまでよかったり悪かったりの繰り返しだったけれど薬を上手に使って病気をコントロールしていました。
やさしくて真面目な人がこの病気になりやすいみたいで...なんか悔しいね。
でも必ず良くなるから焦らないことだよ。
私も含め○○君のこと大好きだから元気な時も落ち込んでいる時もどんな○○君でもいいんだよ。
この先もみんな色々あると思うけど一緒に年を重ねていこうね。
○○君がイヤって言っても私たちは傍にいるから心強く思ってくれたらいいな。」
本当に感動しました。今日も気分は良くないですから飲み会も
行くかは解りませんが、エールを送ってくれる人がいるのは
心強いです。俺さんもpenpenさんに沢山元気貰ってます。
本を読んでみるのもいいかもしれません。処方とかの本じゃなく、涙流したり笑ったりできる小説。
忙しく外にも出かけないならポケットに入れておいて空いた時間で是非読んでみてください。会う合わないあって、万人向けではないですが、最近号泣して感動した文庫本。映画化にもなって映画館でも号泣しました。角田光代「八日目の蝉」
お奨めです。
by higu (2011-07-09 10:00) 

penpen

higuさま
ありがとうございます。久しぶりに、とっても優しいコメント。
なんだかほっとします。

今日は、私は音楽な日で、朝から娘の吹奏楽、自分のピアノのレッスン、夜は帰ってからいろんな歌を弾き語り状態で歌って、なんとなく過ごしています。こんな日が続くといいな、なんて思ってしまいますが…

今、有川浩さんの図書館シリーズにこってます。不思議な世界で、ちょっとおもしろいです。読みたい本も、積んであるので、少しずつ攻略中です。

お互いに、ゆっくり元気になりましょうね。
by penpen (2011-07-09 20:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。