So-net無料ブログ作成

平和な日は今日まで… [日々のあれこれ]

自分のストレスの原因が、何だったかがよくわかった1週間でした。
今週は、色々なことがありましたが、ある意味、非常に充実した1週間でした。

まず第1に、自分のやりたいことが明確になったこと。
そして、自分がやりたいと思っていたことが、間違っていなかったことが改めて確認できたこと。
これは、本当に大きいことでした。
いつか、実現させようと思っている夢。
実現できる気がしてきました。
できるだけ近い将来に。

そして、第2に、長女の受験体制が、本当につらかった、と言うこと。
今週1週間、長女は塾の合宿に行っていました。
彼女がいない間、塾の送り迎えもいらず、
彼女の勉強をしない姿も見ることなく、
大変穏やかな日々を過ごせました。
これって、すごく大きなことだったんだなあ、と、改めて実感。
自分は大丈夫、と思っていましたが、全くそうではなかったようです。
夜のお迎えがないだけでも、とても幸せでした。

第3に、楽しみを作らなければいけない、と言うことを再認識したこと。
木曜日にディズニーランドに行って、一日楽しんで、
それが本当に疲れたのですが、気分はリフレッシュ。
こういうことが、たまには無いと死んでしまうらしいです、私。
ただのわがままとも言う。
だけど、運動しても、趣味しても、完全にリフレッシュできなかったのが、
非日常の世界に一日いただけで、かなりいろんなものが落ちました。
こういうのが必要なんですね。

来週からパワーアップ!と言いたいところですが、
早くも明日、長女が帰ってくるので、元の木阿弥か…

この1週間に得たことを、大事にしていきたいと思っています。

夏こそホットにすごす [セルフケア]

昨日、家族でお出かけをして、
帰ってきたのが夜の10時過ぎ。
さすがに疲れて、お風呂を沸かすことをサボったのですが、
1日中歩き回ったので、ふくらはぎがパンパン。
つらくてつらくて仕方が無い、と思い、何がうちにあるかと探したら、
しばらく前に買った、生姜スクラブなるものがありました。



これ、しばらく前に買ったのですが、そのまま放置しておりまして…
今回初使用。

一番つらい右のふくらはぎ周辺から試してみました。
はじめは、あまり熱くないので「??」と思っていたのですが、
反対側の足をマッサージして、ついでだから、肩もマッサージしよう!
と、肩に移った頃から、ふくらはぎがじゅわーっと。
温かい通り越して、熱い!!
ぽかぽかではなく、熱々って感じでした。

今朝、目覚めてみると、足はとても軽くなっており、
コウカ抜群!!という感じでしょうか。
久々にすごい!と思えるものでした。

夏、クーラーで足下とか、肩まわりとか冷やしやすいですよね。
温めて、と言ってもなかなか難しい。
そんなとき、このスクラブはとても優れもののような気がします。
夏の冷えは、本当に大変。
是非とも、冷やしすぎないように、
夏こそ温かく過ごしてくださいね。

仕事の目的 [仕事のこと]

自分が仕事でめざすことは、患者さんや、患者さんのご家族の笑顔を見ること。
診療によって、笑顔になっていただけるのが、最大の目的。
当然、その中には病気が良くなる、と言う条件はありますが、
病気が良くなることで、患者さんの笑顔が見られるのが一番うれしい。
たとえ良くならなくても、苦痛を取り除いてあげられるように、
苦痛が取り除かれれば、多少の笑顔が戻ってくるかもしれないから。

そう思って、いつも仕事をしています。
入院患者さんも、最初は苦痛や緊張、何でこんなところにいるのかわからない、と言う不安や、
自由を奪われたと感じる束縛感などで、難しい顔をする方がいらっしゃいます。
そんな方々が、入院して病気が落ち着いてくると、
多くの場合、笑顔を見せるようになります。
ただし、一方でだんだん笑顔が少なくなることもあります。
病気の進行を止められず、苦痛が増してしまうこともあります。

高齢者の場合、苦痛を軽くすることが難しく、
苦痛を取り除くために入院したはずなのに、
結局は検査検査で身体がつらくなったり、
治らない、進行性の病気ならば、病気のためにつらくなることもあります。
そういうとき、私たちにできることは多くはありません。
せいぜい、苦痛を取り除く薬を積極的に使用すること。
そして、苦痛を長引かせないこと。
何よりも、私たちが無駄な苦痛を与えないこと。

ターミナルケアの考え方は人それぞれだと思います。
ただ、重要なのは患者さんを1人の人間と認識し、
人間の尊厳を最大限保って、最後を迎えていただくこと。
無理な延命、無理な検査をしないこと。
これが重要な事柄だと思うのです。

ある患者さんが、入院しています。
その患者さんは、90歳以上の超高齢な方で、
もう15年以上太ももに大きな傷があって、それが治らない。
最近は、片方が巨大潰瘍を形成し、痛みが半端ない。
入院したばかりの時、皮膚科の先生が、
皮膚がんかもしれない、と言っていたので、
メインの主治医の整形外科の先生が生検することをまず決定。
しかし、患者さんの奥さんが、
「診断ついたって、何もならないから」といわれ、止めたんです。
それを、院長が再び
「高カロリー輸液を行わないなら、生検ぐらいさせろ」
と言うことで説得。
結局は、生検自体が、大出血の可能性がある、と言うことで
危険を押してまで生検する価値はない、と言うことになり、中止。

奥様の望みは、もう、何もせずに、自然に、苦痛だけ取り除いてくれればいい、と言うこと。
それをずっと聞いているので、必要最低限の医療を行い、
それ以上のことは手を出さなかったこちらサイドだったのですが、
院長がそれをなぜか許してくれない。
ターミナルケアを許してくれない。
なんだか今日は、苦しくなってしまいました。

院長の気持ちもわからなくはないのですが、
でも、それで患者さんやご家族が笑顔になるのでしょうか。
つらい、痛いと言っているのを見ている家族の苦痛、
わかるのでしょうか。

ほんの少しでも、わかっているとうれしいですが。

逃げ [病気とココロ]

いろんなことから逃げたくなる今日この頃、
どうやって平静を保てばいいのか、よくわからなくなります。
そんなとき、こうやって文章を書くことで、
考えを整理しているような気がします。
それでも、最近はひどいことになっていますが。

逃げるとき、できるだけ日常生活から離れたくなります。
現実逃避。
日常のことを考えなくてもいい状態でいる時間が、
すごく大事に感じます。
とりあえず、自分に帰れる時間が、そんなときなのかもしれません。
気分転換って、半分現実逃避なのかな、なんて思ってしまいます。
気分転換が上手な人は、気分転換の時に完全に自分に帰っているのかもしれません。
私は、どちらかというと気分転換が下手です。
いつも、仕事のこと、家族のことを考えているような気がします。
家族のことは、立場上当然考えないといけないのですが、
仕事のことは、気分転換の時ぐらい考えないでいられるようになりたいですね。

このような気分転換は、やっぱり訓練が必要なのかもしれません。
自分に帰ること。
日常生活から逃げること。
逃げも、元気でいるためには必要なことなのかもしれない、
そう思う今日この頃です。

久しぶりに [日々のあれこれ]

子供を塾に行かせなくてもいい日曜日。
塾に行かせることがストレスではないのですが、
やっぱり完全に何もない日曜日というのも久しぶりで。
知らず知らずのうちに、ストレスだったんだなあ、と改めて感じました。

明日からは、長女が塾の合宿で、1週間不在。
夜のお迎えが必要の無い1週間なので、ちょっとうれしい。
塾の合宿なので、勉強しない心配も無いし。
1週間、羽を伸ばさせていただきます。

なんだかんだ言って、塾はストレス。
本当なら、全然受験なんてしていただかなくていいのに、
本人がやると言い出したためはじめた受験勉強。
それなら、自覚を持って勉強してほしい。
子供のやりたいことは、応援します。
一生懸命やってほしい。だけど、やらないなら、中途半端は止めてほしい。
色々考えすぎるのかもしれませんが、
そんなことを思っています。

子供の行動に一喜一憂している今日この頃、
ストレスが軽減されることはありません…

最近変です [日々のあれこれ]

ごめんなさい。記事を消します。
公開してみたものの、やっぱり色々考えて、
これに対して自分の中で決着が付いてないので、
自分が壊れそうなので、消しました。
最近、度重なる消去、申し訳ありません。

耳鳴り [病気とココロ]

シャーンシャーンいっているのが、治りません。
その度に、深い地のそこまで引き込まれそうです。
車を運転している時も感じているので、事故を起こさない様に
注意しないといけないですね。

こういうのも一種の耳鳴りなのでしょうかね。
耳鳴りはよくならないです。
薬もありませんし、どうしようも無いですね。
リラックスして気分を楽にする位しかやりようがありません。

緊張してくると、ひどくなります。
そして、めまいを伴います。
全て自律神経の症状だと思います。
緊張や疲れは大敵です。
私の場合、八方ふさがりになった時、特にひどくなります。
けっこう辛いです。

いろんな方法でリラックスを試みています。
元気になれる日がきます様に。

過敏性腸症候群 [病気とココロ]

今、まさにそんな感じの私のお腹。
お腹が疲れている気がします。

心窩部痛と背部痛は、おそらく神経性胃炎~胃潰瘍かな。
今日は、昼食時に困りました。
その後は下腹部痛、不快感に悩まされ、
トイレに駆け込むこと数回。
でも、なんとなくずっと渋っています。

ここ数日の、極度の緊張状態。
そのせいで、お腹がおかしいのかな。
早くリラックスしたいものです。

かなりやばい、自分 [日々のあれこれ]

カテゴリーを、日々のあれこれにしてしまいましたが、
病気のことかもしれないです。

とにかく、いま、自分の精神状態やばいようで、
すぐ人とけんかしてしまいます。
子供には極力あたらないようにしようとおもっていても、
つい文句が言いたくなる。
特に、子供に対しては朝がやばい。
なかなか起きてこないのと、支度が遅いの。
ダメです。

今日は、母とけんかしてしまいました。
私も口調がきつくなっているという自覚はあったのですが、
とても疲れていたのと、体調が悪いのと、精神的に不安定だったのとで、
止まらなくなってしまいました。
でも、一方的に私だけが責められないといけない理由はないはず。
なんて、自分を正当化してしまいます。

いや、かなり怪しいです。
患者さんの中でも、自分の親と話したりすると
腹が立って、病気が悪くなる方がいらっしゃいます。
同じ。
今日も、ぼろぼろです。

変わらなきゃ [病気とココロ]

薬を飲んでいるだけで良くなる病気と、
薬を飲んでいるだけでは良くならない病気があります。
薬を飲んでいれば良くなる病気は、普通に身体の病気。
薬を飲んでいるだけでは良くならないことが多い病気は、
心の問題が絡んだ病気。
心の問題は、自分でどうにかしようと思わないと変わりようがない。
安定剤や抗うつ薬など、薬を飲むことである程度症状は押さえられますが、
最終的には、自分でどうしたら良くなるかを探す。
結局は、理想の自分に近づけるために、自分が変わらないといけない。
自分が変わることで、自信が生まれ、
自分が抱えてきた問題が解決するかもしれません。
でも、薬を飲んでいれば大丈夫なんて、思っているとすればそれは幻想です。
自分の努力無くしては、良くならないことが多い。

今、述べたのは、軽症うつだとか、新型うつだとか、パニック障害だとか言われている場合の治療です。
統合失調症や、重症うつ、双極性うつなどは、またちょっと話が違います。

まあ、すべてにおいて、少し良くなってきた段階でのお話になりますが。
良くなりたいと思うなら、良くなった自分をまず想像します。
そして、それを目標としてどうやったらそれになれるか、考えます。
そのために、何が必要か。
まずできることは何か、それを考えます。

少しずつ、理想の自分に向かって前進していけば、
それだけでも安心して、病気が一段階良くなります。
だからといって、薬を飲む必要が無い、と言うことではないと思っています。
方向付けを楽にするためには、薬の内服が必要です。
だから、勝手に止めないでくださいね。

理想の自分へ到達できるよう、
少しずつやっていくことをおすすめします。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。