So-net無料ブログ作成

今年も終わりますね。 [日々のあれこれ]

今年を振り返ると、本当にさまざまなことがありました。
3月の東日本大震災に始まり、
地震による大きな津波の被害、
原発事故、それによる電力不足。
地震の直接的被害にあっていない私たちの生活にも、
いろいろな影響がありました。

地震の直接の被害にあわれた方々の、
精神的ストレスは、どれだけのものだったのでしょうね。
東京にいた人でも、相当のストレスを感じた方が多かったと思います。
実際、私の外来にも、この地震の後で具合の悪くなった人が
何人か来ています。
不安が取れないそうです。

自分も、不安でない、と言ったらうそになります。

しかし、このような不安は、解決するには時間が必要ですね。
来年は、どんな年になるのでしょうか。

不安が拭い去れるだけの時間が与えられるといいのですが。

寒いですね [日々のあれこれ]

今年はとっても寒いような気がします。
できるだけ、省エネと思っても、
寒さには勝てません。
家から職場まで、車に乗っている間、
暖房を入れないでいくと、
職場に着くころには、体が冷え切ってしまいます。

私は結構寒がりなので、
とてもつらいです。
病棟は、看護師さんたちに暑がりが多いので、
寒いです。

冬だからこそ、暖かく過ごしたいですね。

寒いと、肩こりがひどくなるし、
頭痛がひどくなるし、
いいことないですね。

今日も、患者さんにも温まることをお勧めしました。
みなさんも、温まってくださいね。

クリニックの暖かさ [仕事のこと]

新しいクリニックの、アイデアを固めています。
頭の中には、こんな風にしたい、というのがあるのですが、
なかなか形にしにくくて、大変です。
今日は、たたき台としての図面を提示されました。
なかなか素敵な図面だったのですが、
私の希望とはちょっと違って、
待合室がちょっと狭かったり、
待合室の形が細長かったり、
もう少し空間を大切にしたい。
そんなことをお願いして、今日は終わりました。

来年11月に開業ということだったのですが、
なんだか土地のほうにちょっとした問題があって、
11月が確実ではないようでした。
いろいろ大変ですね。

今日はまた、調剤薬局の営業の方がいらっしゃってました。
とても面白いおじさんで、いい感じです。
この人が薬剤師さんというわけではないのですが、
いろいろ考えて薬局を作っていただけそうです。

いろんなことが、少しずつ進みます。
どんなふうになるのかな。

人を喜ばせる仕事 [仕事のこと]

今日、リフォームのTV番組を見ていたのですが、
今日は、保育園の園庭のリフォーム。
ご覧になった方も多いのではないでしょうか。
とってもすてきなアイデアで、どんどん作り替えていって、
本当に楽しそうな園庭に早変わり。
うらやましくなってしまいました。

そこに戻ってきた園児たちの、本当にうれしそうな顔。
喜んでもらえる仕事って、本当にすごいと思いました。

みんながうれしくなって、みんなが笑顔になる。

そんな空間を作りたい。
そんな時間を作りたい。
それが、私の目指すところです。

クリニックが、ただ診療の場になるだけで無く、
リラックスの場、安心の場になるようにするには、
どうしたら良いか、そればかり考えています。

私のテーマは、温かい場所。
だから、壁が白い、というのはあり得ません。
できれば、木。
そして、蛍光灯で無くて、白熱灯の色をしたLED。
目線は結構低くて、床に近いところでくつろげるようにする。
でも、一方で、足の悪い方にも安心していられるような場所を作る。

想像すると、とても広がります。
どんな場所にできるのか、
楽しみでもあり、不安でもあります。

読書の日。 [日々のあれこれ]

今日は、仕事がお休み。
朝から1冊読んで、シリーズ物だったので、
次の1冊を読もうと思ったら、お出かけの時間になってしまったので、
持って出ようと思って忘れてしまいました。

出先で、ちょっと時間があったので、
空き時間に読む本を購入。
以前から興味があった本があったので、
早速また読書。

とても夢中になって読みました。
久しぶりかも。
もう1冊読破。次を読もうか思案中です。

今日は、気持ちに余裕があったようです。
読書が集中してできるときは、
余裕があるときですね。
やっぱり、連休というところで気分が楽なのかもしれません。

今日は、もう少し読めるかな。
以前は、通学の時に、往復で2冊読んでいたこともあったんですけど、
今は読めるときと読めないときの差が激しいですね。
でも、読書は大好きです。

次はどんなお話に出会えるのか、
とても楽しみです。

湿疹と生理痛と [病気とココロ]

最近、元気なことは元気なのですが、
いろいろなことがありすぎて、疲れます。
体が疲れるよりは、心が疲れます。
そうすると、やっぱり弱いところがやられます。

いま、手湿疹が非常に悪くなっています。
おそらく、原因は娘の受験と、自分の仕事。
自分の仕事のほうは、きっとこのままいけば大丈夫なのですが、
娘の受験は、本当に不安。
あと1か月半とはいえ、ここからが大変です。

昨日は、生理痛がひどくて。
このところ、生理痛がひどいのは、やっぱりストレスのせいかな。
人間の体は、本当に弱いと思います。
ストレスも、あらゆるところに影響を及ぼしますね。

やっぱりストレスケアが重要です。
明日、明後日で、どうにかリセットしよう。

疲れ [セルフケア]

このところ、完全な休日があったようななかったような。
自分としては、大丈夫なつもりなのですが、
やっぱり疲れはたまっていました。
今日は、そのためなのか、朝からイライラ。

コントロールが利かなくなってしまって、
家族に迷惑をかけてしまいました。
疲れは怖いですね。

疲れをいやすことを、
もっと積極的に取り組まなきゃ。
忘れていたことを、積極的にまた始めてみようと思います。

脅威は続きますね。 [日々のあれこれ]



鳥インフルエンザ、まだ人から人への感染は確認されていないようですが、
ウイルスですから、突然変異を起こすことは必至です。
また、新型インフルエンザ、とか言ったら大変。
再び大騒ぎ、って感じですかね。

病気は、どんどん変わりますね。
いつも人間は、病気と追いかけっこです。

心療内科のこと [仕事のこと]

心療内科っていうのは、
ココロを治して体の病気も治す、っていうもの。
ストレスで傷ついた心が作った病気を、
病気だけでなく、心のストレスからケアする、というもの。
だから、内科だけでなく、精神科的な要素が含まれる。

精神科の医者も、心療内科をすることがあるし、
内科医も心療内科を診ることがある。

今までは、精神科の医師が心療内科を標榜することが多かったようですね。
だから、精神科と心療内科が同時に書かれていたりして。
結局、精神科と心療内科の線引きがはっきりしないまま、
今日まで来ているような気がします。

だから、一般の人にはわかりにくいし、
医療関係者も、区別ができないでいます。

精神科と区別が難しいところがあるため、
内科ではあまり好まれません。
時間がかかるし、訴えは多いし。
そう思われているのは、事実だと思います。
本当は、事実とは全く違う、ということに気づいていただきたいものです。

でも、本来内科医は心療内科医であるべきだと、
私は思います。
特に、現代社会では、心療内科が必要とされる頻度が増えています。
医師一人一人の心がけで、
治る疾患がずいぶん増えると思います。

難しいことですけどね。
でも、すくなくとも心療内科を嫌わないでほしいものです。
本当に。



いくつになっても [日々のあれこれ]

昨日、診察に来られた患者さん。
私とそんなに年が違わないはずなのに、
「人生もう変えられない」
と言われて、悲観的になっていました。
40代になると、もう職業を変えることは出来ない。
今のままでがまんするしかない。

そうなのかな?
私は、この前40歳になったのですが、
この年になって、前進することを決心しました。
友人は、私より少し年上ですが、今年自分の夢の第1段階を実現しました。
私の夫は、私より少し年上ですが、
「まだまだこれから。新しい自分にチャレンジする!」
と言っています。

年のせいで生活が変わらない、と思うには、早すぎます。
私は、いくつになってもチャレンジすることを忘れないでいきたいです。

いつも夢を持って、生活できますように。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。