So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

最後の決め方 [治療について]

自分の最後は、自分で決めたい。
私はそう思う。
みんな、どう思っているんだろう。

先日、入院中の97歳のおばあさんが、
心不全を起こして具合が悪くなって、
その時に「もういい、死にたい」
と言われてしまいました。
ご飯も食べられなくなって、とても苦しかったんだと思います。
自分の首を切るしぐさを、何度も繰り返していらっしゃいました。

見ていて、とても切なくて。
家族は、入院時には
「母とはよく話していて、延命はしないことにしているんです。」
とおっしゃっていたのですが、
いざ、このような場面になると、
やっぱり延命処置にあたることをご希望されていました。
結局、このおばあさんは、入院時くらいまでは元気になりましたが、
食事の摂取量が増えなくて、
これから先、どうするのかな、という感じになっています。

よくなったのは、よかったと思います。
でも、本人は、それでよかったのかな。


アメリカでは、もうよくならないと判断された場合、
すべての積極的医療を中止することがあるといいます。
治る可能性がない、がんのターミナルなどでは、
本人と家族の同意があれば、安楽死を選択することができるとも言います。
日本では、安楽死をさせた医者は殺人罪で有罪になりました。

安楽死については、議論があると思います。
どうしたいのか、それは人によります。
消極的安楽死も、積極的安楽死も、
日本では選択できるものではありません。

そうすると、結局は本人の意思に関係のない治療をされることもある。
家族の想いの通りに治療されることもある。
そればかりではなくて、
本人の希望する治療が施されないこともある。

治療って、難しいですね。
本当に、みんなが幸せになる治療って、できるのでしょうか。
みんなが、最後に何を求めているか、
どんなふうに最期を迎えたいか。
そんなことばかり、最近は考えています。
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

ぱぱになったみけ

penpenさん、また難しい問題ですね。(^-^;
僕は治療を選択する時から、家族みんなが納得できるかを加えています。僕の命は、僕だけのものではないですから。残された人が後悔するような選択は、除外すべきものだと思ってます。

ところでpenpenさん、ちょっと頑張り過ぎじゃないですか?ちゃんとご自分を評価してあげてますか?1日1回の回診でも、患者は安心させられます。ありがとうって言われますよね。そのありがとうの思いを汲み取って下さいね。
by ぱぱになったみけ (2011-11-09 15:55) 

penpen

>ぱぱになったみけ様

コメント、ありがとうございます。
そうですよね、自分の命が自分だけのものと思ってはいけない、
そこから始まるのですよね。
自分と家族と、本当にみんなが幸せに生きられる医療が提供できたらな、
と思います。

みんなの笑顔が見たくて。
みんなが笑顔になれるような、そんな病院を作りたい。
私が患者さんに何かしてあげている、というよりも、
患者さんの笑顔が、私に力をくれているように思っています。
いつも、私を支えてくれる患者さんやスタッフに、とっても感謝です。
by penpen (2011-11-09 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。