So-net無料ブログ作成

アルコール依存症 [病気とココロ]

結構、うつ病にも合併しやすいと思います。
うつ病、パニック障害の患者さんで、よくお酒を飲む人は
不眠症を訴えている場合が多いように思います。
不眠だから、お酒を飲んで寝ようと思うんだけど、
やっぱり寝られないから、どんどん量が増えていく。

あとは、いやなことを忘れるために、
お酒を飲む、というパターン。
これから起こるうれしくないことに備えて、お酒を飲む。
不安を忘れようと思って、お酒を飲む。

決していいこととは思えません。

アルコール依存は、睡眠薬だとか、安定剤だとかの依存よりもやっかいだと、
私は思っています。
だいたい、アルコール依存になる人は、
お酒が好きですよね。
お酒が嫌いな人は、アルコール依存になりません。
好きなものを絶つ、というのは、とても大変なことです。

アルコールを飲んでいると、不眠を助長します。
アルコールを飲んでいると、不安を助長します。
アルコールを飲んでいると、肝機能を悪くします。
アルコールを飲んでいると、脳が萎縮します。

アルコールは悪者というわけではないのですが、
完全に良いものではないんです。
楽しんで飲んでいるうちはいいのかもしれません。
ストレス解消になるし、楽しいし。
でも、依存になるほど飲んではいけませんね。

ビールがおいしく感じられるこの暑い時期、
飲み過ぎには注意しましょう。

アルコールによる害については、また改めて。

認知症 [仕事のこと]

本人は、何となく気づいているかもしれませんね。
でも、だからこそ、すごく不安で、苦しんでいる方も多いのではないでしょうか。
逆に、家族の方が気がついていないこともあるかもしれません。

以前、「物忘れがひどくて」
と言う患者さんが、認知症の検査をしたら、軽度の認知症と診断されました。
その方は女性で、認知症とわかったときには相当ショックだったといいます。
これから、何もわからなくなったら、どうしよう、と言う不安がずっとあったそうです。
彼女は、あるとき考え方を変えたそうです。
「どうせ、いつかわからなくなるんなら、今を楽しみたい。
色々考えすぎずに、今、楽しく過ごしていきたい。」
それからというもの、彼女はとても明るくなりました。
認知症デイケアに行き始めてから、またさらに、毎日楽しくて仕方が無い、と
にこにこ過ごせるようになりました。

認知症と診断されるずっと以前から、
うつ病として治療していた方でした。
認知症と診断されてから、うつ病の方はおさまっているようです。

何をきっかけに、病気が進行するのか、良くなるのか、
そのときの運でもありますね。
彼女は、認知症という、新たな病気を背負いましたが、
その代わり、うつ病は半分以上下ろせたと思います。
彼女にとって、人生が楽しくなったのなら、それは良かったのかもしれません。

認知症は、すごく悪者のように思われがちですが、
それは、どの側面を見て、なのでしょうね。
認知症は必ずしも悪者ではない、と、私は思います。
自分のことができなくなる、というのは困ったことかもしれませんが、
長い人生の中で、今まで一生懸命家族のために尽くしてきた人を、
ないがしろにするのは、とても悲しいことです。

もっとも、日本の現状で、仕事をしながら、家族を介護するのは非常に大変なことですが。

認知症とうつ病 [仕事のこと]

区別難しいですね。
ご高齢の方では、特に区別が付きにくいです。
うつ病だと思っていたら、CT撮ってみたら、脳萎縮が強かったり。アルツハイマーだった、とか。
薬の選択が難しいです。
家族に説明するのも大変。
治療に反応しにくいのが、悲しいです。
うーん、困った…

いろんな人がいるもんだ [仕事のこと]

今日は、なんだかいろんな人がいた日でした。

外来では、昨日ほかの病院から退院してきた患者さんが、
何をしてほしくて来たのかわからない状態で受診して、
「不眠症の治療は、治療効果に個人差があるから、
薬が止められるかどうかとか、今はっきり申し上げられないんですよ」
と言ったら、怒られてしまいました。
「医者のくせに、なんてことを言うんだ!!!!!」
と、おしかりを受けたのですが…
気に障ってしまってごめんなさい。

病棟では、新しい入院患者さんが、
うつ病だろう、ということで老健施設から抗うつ薬を出されていましたが、
MRIを撮ったら、見事に認知症らしくて。
検査はしてみるものですね。
認知症に合併した、老人性うつ病の可能性もありますが、
いずれにしても、抗うつ薬は効果が出にくいです。
これから、どうするんでしょうか。

以前から入院していた患者さん(男性)は、
「ここの病院、女が強いんだもん!」

いや~、そりゃあ、処置するのに、あっち向いてもらったり、
こっち向いてもらったり、それが大変なんですもの。
でも、その患者さんは文句言いながらも、悪態つきながらも、
笑顔を見せてくれるので、大好きです。

世の中には、本当にいろんな人がいます。
でも、1人1人がみんな一生懸命生きているんです。
そんな一生懸命な人たちが、私は大好きです。

出会いの神秘 [日々のあれこれ]

大げさ、と思われるかもしれませんが、
出会いって、不思議だと思うのです。
でも、それって実は運命づけられているのかも。
偉大なる力が働いて、出会うべき人が出会う。
それこそ、運命の赤い糸、ですね。

先日、ほかのブログで、素敵な方と出会いました。
出会った、と言っても、実際に顔を合わせたわけではありませんが、
この方も、私のやりたいことを、一歩進んでされている。
そんな方と出会うのは、正直なところ悔しいです。

でも。
たくさん見習わないといけないな、と思っています。
それに、素敵な方なんです。
人生楽しんでいる。
色々苦労されているようですが、
それでも、今をとても楽しんでいらっしゃる。
私も見習いたいです。

必要なとき、必要な人と出会います。
どんなに遠い存在でも、出会えるんです。
どんなときでも、出会いは大切にする必要があり、
どんなときでも、ある程度理解し合う。

それこそ、人間だからできることです。

一生懸命ですね。 [病気とココロ]



わんちゃんたちの一生懸命な姿。
かわいいですね。
それに比べて、うちの受験生の、なんて怠惰なこと。
全く、今日一日、何していたのでしょうね。

何していたんだかは知りませんが、
言葉遊びゲームを夕方にやっていて、それが終わると、
ぼーっとして座っていたようなので、
「今日は一日休業ですかね?」ときいたら、
「やるもん」と言って、二階に上がっていったんですけど。
少しして、パパが上がっていって見ると、
ベッドに潜り込んで寝ていたそうです。

「頭痛くなったんだもん」

さっきまで、楽しそうに遊んでいたじゃん。

まあ、よくありますよね。
いやなことをしなきゃいけなくなると、急に体調が悪くなること。
まさにその典型です。
心身症の始まり、と言いますか。
結局、心身症もそういうことなのですが、
それをうまくコントロールするのが、人間です。
コントロールできなくなると、病気だ、と言うことになります。

緊張する、と言うカラダに負担のかかることが起きてくると、
ぜんそく発作が出たり、腹痛、頭痛、下痢など、
いろんな症状が出たり。
それがすぐに治らなくなると、心身症といわれる範疇に入ってきます。
わがまま、と言われても仕方が無いようなところですが、
でも、病気であるのです。

一生懸命、いろんなことをするのはいいのですが、
いつも心に余裕があるといいですね。

カラダを動かす [セルフケア]

今日、久しぶりに庭の草むしりをしました。
今年は、なんだか忙しくて、あまり手入れしていなかったので、
結構すごいことになっていて…
しかも、蔓性のなんだかすごく強い草が伸び放題で、
ものすごくやりがいがありました。

結局、朝1時間半ほどかかって、どうにか許容範囲までは片付けましたが、
まだ残っています…

午前中、暑かったといっても去年ほどではなく、
カラダを動かすのにはちょうどいいくらいでした。
結構、草むしりは気持ちがすっきりします。
片付けがとても苦手な私ですが、
最近は結構積極的にものを捨てるようになりました。
片付けるのも、カラダを動かすということで、少し積極的にやろうかと…
ちょっと、今までの自分(何にもせずにぼんやり過ごしていました…)を反省。
そうはいっても、どれくらい動くようになるか、
非常に疑問ですが。

カラダを動かすことは、気分転換には大変重要なことだと思います。
じっとしていて、気分転換ができる人は少ないと思います。
運動するなり、家を片付けるなり、
何かしらカラダを動かした方が、気分転換には良いのではないでしょうか。
食事のあと、じっと座っていると眠くなってしまって…
と言うのなら、その時間に合わせて散歩に行くとか、
買い物に行くとか。
とにかく、家に閉じこもっていないで、外に出ていただきたいですね。

外の空気を吸い、日光の力をたくさんもらってくださいね。

気がつけば [日々のあれこれ]

このブログも、総閲覧数が20000を超えました。
ブログ始めてから5ヶ月ちょっとになりますが、
はじめに思った以上に閲覧数が伸びているのに、
とても驚いています。

いろいろあって、自分も不安定ですが、
これからも自分の思っていることを、
元気になれるネタを心がけつつ、発信していきたいと思っています。

これからも精進していきます。
よろしくお願いいたします。

ターミナルケア [仕事のこと]

今の職場は、入院患者さんの殆どが高齢者なので、
色々な意味でのターミナルケアが必要です。
ターミナルケア、と言うと、末期がんの患者さんのケアのように思われがちですが、
それだけではなく、人生の終末期にある方々すべてに当てはまります。
人間の、素敵な人生の終わりを見届けるケアを、ターミナルケアと言うのだと思っています。

ターミナルケアの考え方は、人それぞれだと思います。
それこそ、若いがん患者さんのターミナルケアと、
超高齢者の、老衰といえる状態の方のターミナルケアでは、
全く考え方違っていると言ってもおかしくないでしょう。
ただ、共通していえることは、
「安心して人生を終えられるように」お手伝いをする、と言うことでしょうか。

勤務していて思うことは、本当に人によって考え方が違って、
家族によっても考え方が違う。
どんなことをしてでも、生きていてほしい、と願う家族もいれば、
もう十分生きてきたんだから、苦しみを長引かせたくない、
だから、最低限の医療で十分、と言う家族もいる。
何が正しくて、何が間違っているかなんて、
全くわからないことですが、
患者さん本人と、家族が納得ができる形で、最後が迎えられるのがいい。
そのように、お手伝いがしたい。
いつもそう思って仕事をしています。

人生の終わり、皆さんはどのように迎えたいと思いますか?
私は、できれば何もせず、痛みや苦しみだけを取り除いて、
あとは自然に最後を迎えたい。
そして、お墓なんていらないから、山の中に、森の中に散骨してほしい。

実行してくれないかなあ…

若いのに… [日々のあれこれ]



怖いですね。
突然、何が起きるかわからない。
日頃の健康管理を十分にしていても、
身体の中、直接見ることができるわけではないので、
危険を完全に除去することはできないです。
とても怖いことです。

なんか、こんなのを見てしまうと、
人生、いつ終わりがくるかわからないんだから、
今の瞬間を一生懸命生きていかなきゃいけないんだなあ、と
改めて思いました。
小さなことでくよくよしていても仕方が無い。
自分のやりたいことを、自分の気持ちを大切に、
積極的に生きていこう。

そんなことを考えてしまいました。

それでもやっぱり、悩むでしょうし、
後ろ向きになることもあるでしょう。
でも、今の瞬間を大事にしていきたい。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。