So-net無料ブログ作成

アルコール依存症 [病気とココロ]

結構、うつ病にも合併しやすいと思います。
うつ病、パニック障害の患者さんで、よくお酒を飲む人は
不眠症を訴えている場合が多いように思います。
不眠だから、お酒を飲んで寝ようと思うんだけど、
やっぱり寝られないから、どんどん量が増えていく。

あとは、いやなことを忘れるために、
お酒を飲む、というパターン。
これから起こるうれしくないことに備えて、お酒を飲む。
不安を忘れようと思って、お酒を飲む。

決していいこととは思えません。

アルコール依存は、睡眠薬だとか、安定剤だとかの依存よりもやっかいだと、
私は思っています。
だいたい、アルコール依存になる人は、
お酒が好きですよね。
お酒が嫌いな人は、アルコール依存になりません。
好きなものを絶つ、というのは、とても大変なことです。

アルコールを飲んでいると、不眠を助長します。
アルコールを飲んでいると、不安を助長します。
アルコールを飲んでいると、肝機能を悪くします。
アルコールを飲んでいると、脳が萎縮します。

アルコールは悪者というわけではないのですが、
完全に良いものではないんです。
楽しんで飲んでいるうちはいいのかもしれません。
ストレス解消になるし、楽しいし。
でも、依存になるほど飲んではいけませんね。

ビールがおいしく感じられるこの暑い時期、
飲み過ぎには注意しましょう。

アルコールによる害については、また改めて。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。