So-net無料ブログ作成

自分を受け入れる [セルフケア]

ピアノのレッスンで、最近よく言われるのが、
「迷いがありませんか?なにか音楽に対してわだかまりがあるような気がする。」
ということ。
昨日のレッスンでは、とうとう
「わだかまりの原因をよく考えて、それを受け入れて、自分自身にしないと、
演奏の迷いはとれないと思う」
といわれたんです。

いやいや、参りました…
本当に、音楽に対する恐怖心が、自分の中にあるのは確かです。
また、日々の生活の中で、色々な感情が頭の中にぐるぐるになっているのも確か。

指摘されてしまいました。

本当の意味で、自分のことを認めてあげられていないのは、
実感しています。
すぐに、自己否定の感情が浮かんでくる。
そんなでは、元気になれないじゃないか!!!
と思っても、なかなか消えるものではありませんね。
きっと、私も、多くの皆さんと一緒で、自分のことを好きになりきれないんだと思います。

自分のことに自信が持てないから、音楽の表現も自信の無いものになってしまう。
どっちつかずの表現で、「迷っている」ように聞こえてしまう。
確かに、昨日は夜に歌の練習をしていたのですが、
自分の何を表現したら良いのか、わからなくなってしまう。
こんな風に歌いたい! という気持ちはあるけれど、
どのようにそれを表現したら良いのかわからない。

もう一度、自分自身の本当の感情と、
正面から向き合ってみたいと思います。
目をつぶって、見ないようにしていても、何も変わらないことはよくわかっています。
何が出てくるか、ちょっと怖いのですが、自分から逃げないでみたいと思います。

目をつぶらず、逃げず、自分に向き合えたら、きっと何かが変わると思います。
あとは、後ろ向きにならないようにすることかな。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。